未経験からの医療機器営業求人について

「未経験可」の医療機器営業求人を探す

未経験の医療機器営業求人は見つけやすいのでしょうか?

実際に転職求人サイト・人材紹介サービスで検索すると分かりますが、未経験可の医療機器営業求人は一定数ヒットしますね。

基本的にどのような業界も未経験より経験者の方が優遇されることが多いですが、他業界の営業経験が2年以上あれば、医療機器営業として中途採用される可能性も高いのではないでしょうか?

もちろんあなたのスキルや年齢にもよります。年齢的に30歳を過ぎているよりも、20代の方が未経験可でも採用されやすいでしょう。

また、自動車ディーラー、不動産、証券会社で営業経験を重ねている場合は、たとえ異業界でも歓迎されることがあるようです。

少なくとも未経験OKの求人案件は存在しますので、粘り強く履歴書・職務経歴書を送り続けることをおすすめします。

面接まで進めるかどうかは志望動機や自己PRにもよりますし、履歴書を送った先の医療機器会社が求める人物像かどうか、にもよるでしょう。

そのためにも信頼できる人材紹介会社に登録して、担当のコンサルタントと共に履歴書の内容を考えると良いですね。

履歴書の内容

実際、履歴書の内容を客観的に見ることって難しいですよ。

私も何度も転職していますが、昔書いた履歴書を数年後に発見したとき、唖然とした覚えがあります。作成時点では自己アピールも志望動機も完璧だと思っていたのに、見直すと独りよがりな内容なんですよね…。

昔書いた手紙って恥ずかしく感じませんか? メールやLINEの文章も同じですよね。

そのくらい、自分の文章を客観的に見るのは難しいので、人材紹介会社のコンサルタントにアドバイスをもらいながら進めてみて下さいね。

企業の採用担当者は履歴書・職務経歴書であなたを判断しますし、何より第一印象は大切ですから、第三者の客観的なアドバイスが大切になりますよ。

尚、大型装置の医療機器営業求人に関しては、新卒中心にシフトしつつあるそうです。

大型装置で中途採用の求人が出される場合、営業力と共にコネクションが重視されるため、経験者優遇の募集が多いですね。

逆に、治療器系機器の求人は増加傾向にあります。高齢化社会は今後も進行していきますので、人工関節(インプラント)や放射線治療に関する医療機器のニーズが高まると予測されています。

治療景機器の未経験求人を中心に探されてみてはいかがでしょうか?