医療機器メーカー
営業求人・中途採用の情報サイト

転職活動、求人の探し方

国内 医療機器ディーラーへ転職するメリット

医療機器ディーラーは転勤があってもエリア内で多い

国内の医療機器ディーラーへ転職するメリットについてお伝えしますね。

医療機器ディーラーは、担当先病院の医療機器を検品し、ワンボックスなどで納品します。

医師から注文を聞き、メーカーへ発注するのも仕事内容に含まれますし、時に手術に立ち会うこともあるようです。オペ時のトラブルに対処するためですね。

帰社後の伝票処理もあるので、帰宅時間は遅いようです。

医療機器メーカーの営業職とは役割も仕事内容も異なりますが、医師とのコミュニケーションが大切なことは同じですね。業務内容以外に異なる点として、以下のメリットがあります。

転勤があってもエリア内が多い

医療機器営業の場合、転勤、異動により全国を回ることも多いでしょう。独身時代はそれで良かったかもしれませんが、結婚して子供が産まれれば…転勤のたび家族で引越しすることに負担を感じるのではないでしょうか。

子供が小学生、中学生になれば、引越し先に馴染むまで時間が掛かるでしょうし、特に内向的なお子さんなら、いじめに遭う可能性もありますよね…。

そのため単身赴任で引っ越す方も多いですが、家族のサポートなしで独り暮らしを行い、日々営業の仕事に携わるのが苦しい…と感じる方も多いようです。

最初は新鮮に思えても、孤独が募れば心身に不調を来たす可能性がありますし、鬱状態に陥ることもあります。私の親戚も、妻子と離れて仕事を続けた結果、うつ病を発症して、自ら命を絶ちました、そのくらい孤独な環境はハードです。

また、妻子がいなくても、事情により転勤が難しく、遠い土地には行けない方もいらっしゃると思います。

国内の医療機器ディーラーへの転職なら、転勤があっても同一エリア内が多いので、「勤務地固定で働きたい」という希望も実現しやすいのではないでしょうか。

まずは医療機器ディーラーに強い転職サイトに登録して、相談してみて下さい。当サイトでも以下のページで転職サイトを紹介していますし、全て無料で利用できますので、積極的に活用されることをおすすめします。