医療機器メーカー
営業求人・中途採用の情報サイト

医療機器営業の仕事内容 記事一覧

医療機器営業の仕事内容・役割
医療機器営業の仕事内容・役割について記載しています。医療機器は大きく分けて、心臓血管カテーテルやペースメーカーなど、疾患を診断する診断系機器と、MRIやCTなど、大型・中型の治療系機器に分かれていますね。
医療機器営業の仕事のメリット
医療機器営業の仕事のメリットは何でしょうか? 第一に挙げられるのは、安定した仕事が見込めるということですね。医療機器メーカーはリーマンショックの影響をほとんど受けませんでした。
医療機器営業の仕事のデメリット
医療機器営業の仕事のデメリットについて記載しているページです。転職をお考えの方に参考にして頂けるコンテンツとなっていますので、ぜひお読み下さい。
医療機器営業の仕事に必要なこと
医療機器営業の仕事に必要なことは何でしょうか。医療機器についてマニュアル通り説明するのではなく、高い専門性を持って、医師に有益に情報を提供していくことが大切になりますね。
医療機器営業のディーラーに関して
医療機器営業はメーカーだけでなくディーラー(代理店)も存在しており、ディーラーとして働くことも可能です。ディーラーの最大の特徴は、複数のメーカーから仕入れた製品を扱うことにあります。
医療機器営業の給与・勤務形態
医療機器営業の給与・勤務形態について。医療機器営業の勤務・給与システムは、外資と日系によって大きく異なります。
医療機器営業の求人募集は増えている?
医療機器営業の中でも、特に治療系医療機器メーカーでは、毎年求人が増加しています。募集要項を見ると、領域未経験・業界未経験でも応募可能など、未経験者でも転職できるケースが多いですね。
医療機器営業の仕事のやりがい
医療機器営業の仕事のやりがいに関してお伝え致します。医療機器営業の仕事は、その名の通り自社で製造・開発した(あるいは委託を受けた)医療機器を、医療従事者に紹介・販売する仕事です。
医療機器営業はただの営業ではない
医療機器営業はただの営業ではありません。医師にとって自身の治療行為を支えるパートナーという側面があり、医療業界にとっても欠かせない存在です。
キャリアアップで医療機器営業へ転職
医療機器営業の仕事は、営業のキャリアアップを目指している方におすすめできる仕事です。医療機器営業は、医師に自社製品の医療機器の営業を行う仕事であり、高齢化社会の進展などを背景に、需要が拡大しています。
MRと医療機器営業の違いについて
医療業界の営業へ転職を希望されている方の中でも、イマイチこのMRと医療機器営業の違いが分からない、という方は多いです。明確に区別がつかない方は、万が一間違って応募をしないためにも抑えておきたいところです。
医療機器営業の年収
医療機器営業の年収に関する情報をお伝え致します。医療機器営業の年収ですが、20代で約390万円、30代で530万円、40代で760万円前後となっています。平均年収は530万円前後となりますね。
医療機器営業 残業って多い?
医療機器営業の仕事で気になるのが残業ですよね。給与や年収が高くても、残業時間が長ければ時給換算で決して高収入ではない、というケースもあります。