医療機器メーカー
営業求人・中途採用の情報サイト

医療機器営業の仕事内容

医療機器営業の仕事内容・役割

自社で製造している医療機器を販売する仕事

医療機器営業は、自社で製造している医療機器を販売する仕事です。

医療機器は大きく分けて、心臓血管カテーテルやペースメーカーなど、疾患を診断する診断系機器と、MRIやCTなど、大型・中型の治療系機器に分かれており、さらに診療科目や使用する部位などによって細かく分かれます。

扱う医療機器が異なれば、営業先も当然変わり、求められるスキルや営業方法などにも違いが出てきます。

たとえば、治療系機器は各診療科の医師に対して営業を行えばよいですが、大型の治療系機器を営業する場合、病院が建設される以前から理事長や院長に対してアプローチする必要があります。

大型の治療系機器は、電源コンセントの形状などが機器によって異なっており、装置に合わせた設備環境を建設段階で整える必要があるためです。

そのためには、病院建設に関する情報を官公庁などから事前に仕入れたり、医療法人本部などに積極的に提案活動を行う必要が出てきます。

また、営業力だけでなくコネクション(人的繋がり)を持っている人の方が営業の成功率も高まるため、診断系機器を扱う医療機器メーカー(主に日系企業)では、選考試験の段階でコネクションの有無もチェックするなど採用条件は厳しく、未経験者はほとんど合格することができません。

一方、治療系機器は経験よりも営業力やモチベーションの高さを重視しており、未経験者であってもやる気次第で採用される可能性が高いです。治療系機器は、求人数も年々増加しており、新卒だけでなく中途採用者も積極的に採用しています。

実際に転職先を探すには、人材紹介会社の利用が便利です。コンサルタントがあなたの代わりに求人を探してくれますので、積極的に利用されると良いでしょう。