医療機器営業の仕事に大切なこと

高い専門性を持って医師に情報を提供します

医療機器営業の仕事内容は、病院やクリニックなどで働いている医師や看護師など、医療従事者に対して、自社製品の医療機器を説明し、販売へと繋げることにあります。

ただ医療機器についてマニュアル通り説明するのではなく、高い専門性を持って、医師に有益に情報を提供していくことが必要です。

そのためには、学会に出席したり、海外の使用例を調べたり、論文を読んだりと、自社製品に関わらず幅広い医療知識を習得する必要があります。

しかも、一時的に学習するのではなく、コンスタントに続ける必要があります。医療機器は、日進月歩で研究・開発が進んでいる分野ですので、ここまで勉強すればOKというものではありません。

最新機器が開発されたら、情報を整理して現場の医師にいち早く伝え、少しでも治療に役立ててもらう必要があります。そのため、学習することが苦にならない方、医療従事者の良き相談相手になれる方でないと、医療機器営業の仕事は続かないでしょう。

ですが、このように医療現場に関わりながら、自社製品が患者の治療・検査に役立てられる様子を見ることは、格別の喜びを覚えます。他の営業職に従事していたけれど、もっとやりがいのある仕事に就きたいと、医療機器営業を転職先として選ぶ方も多いです

また、医療機器営業は社会情勢の影響を受けず、安定した経営が可能となる分野であり、会社の倒産などを気にせず安心して働くことができます。他の営業職と比べて収入も良く、営業成績次第でキャリアアップが可能なことも、医療機器営業の人気が高い理由です。