医療機器メーカー
営業求人・中途採用の情報サイト

医療機器営業の仕事内容

医療機器営業のディーラーに関して

ディーラーにも専門的な知識が要求されます

医療機器営業は、医療機器メーカーの製造する医療機器を、現場の医師に紹介したり、使い方をサポートする仕事です。

しかし、医療機器営業はメーカーだけでなくディーラー(代理店)も存在しており、ディーラーとして働くことも可能です。ディーラーの最大の特徴は、複数のメーカーから仕入れた製品を扱うことにあります。

メーカー直属の従業員の場合、メーカーの顔として営業するため、専門性の高い知識が要求されます。

一方、ディーラーの場合も取扱製品に対する専門的な知識を要求されますが、メーカーに関わらず、自分が良いと思った製品を取捨選択して医師に紹介できるというメリットがあります。

しかし、医療機器に対する幅広い知識が得られる一方で、1つの分野に対して深く掘り下げられないというジレンマも抱えています。

ディーラーへも営業活動を行うことがあります

メーカー直属の営業職は、ディーラーに対しても営業活動を行うことがあります。

ディーラーは日常的に病院に出入りしているため、医療従事者と親しいディーラーの口から自社製品の魅力について伝えてもらうことは、メーカーにとって大きなメリットとなります。

メーカーとディーラーのどちらが働きやすいかは人によって異なりますが、安定してキャリアアップを図りたいならメーカー、営業スキルに自信があり自由な働き方を選びたいならディーラーがおすすめです。

同じ医療機器営業であっても、企業や働き方によって給与などの雇用条件に差があるため、自分に合った転職先を探すためには、人材紹介会社などを利用して、より多くの情報収集を行うことをおすすめします。

転職活動を自分一人で行う場合、求人・募集探しから面接日の調整、給与交渉や条件交渉まで行うケースが多いと思いますが、人材紹介会社を活用することで、そのような面倒ごとの一部を代行してもらえます。

また履歴書・職務経歴書の書き方アドバイスや、面接への同行を行っている人材紹介会社もありますから、複数の転職サイト・人材紹介会社を利用したいですね。