医療機器メーカー
営業求人・中途採用の情報サイト

医療機器営業の仕事内容

医療機器営業の仕事のやりがい

医師と近い立場で行う仕事です

医療機器営業の仕事は、その名の通り自社で製造・開発した(あるいは委託を受けた)医療機器を、医療従事者に紹介・販売する仕事です。

それでは一般の営業とあまり変わらないのかというとそうではなく、医療機器営業はさらに、提供した医療機器の使用方法を医師に教えるために治療現場に立ち会うなど、医師と近い立場で仕事を行います。

医療の分野は常に進歩しているため、日常的に医療行為の仕事に追われている医師は、最新医療機器が開発されても自分で調べている余裕はありません。

設置手術の事例が少ない器具を取り入れた場合も、医師が扱いに精通するまでは、使用方法を誤らないよう、医療機器営業がしっかりサポートを行います。

また、最新の医療機器について具体的に説明するために、海外の使用例や論文などを翻訳し、情報分析した上で分かりやすく情報提供を行います。そのため、英語力を身につけておくと便利です。

このように、医療機器営業の仕事はただの営業というよりも、医師の治療行為を影ながら支えるパートナーといえます。

同じく医師をサポートする仕事に、医薬品の営業を行うMRがありますが、医療機器営業はMRよりもアポイントが取りやすく、面談時間も長めに取れるなど、より医師との距離が近いです。

どちらも、医師を通して患者の健康に貢献できるというやりがいのある仕事であり、一般の営業職と比べると収入面でも優遇されています。営業の仕事に充実感を求めている方、キャリアアップを目指している方にはおすすめできる仕事です。