医療機器メーカー
営業求人・中途採用の情報サイト

医療機器営業の仕事内容

キャリアアップで医療機器営業へ転職

医療機器営業に中途採用されるために

医療機器営業の仕事は、営業のキャリアアップを目指している方におすすめできる仕事です。

医療機器営業は、医師に自社製品の医療機器の営業を行う仕事であり、高齢化社会の進展などを背景に、需要が拡大しています。

特に外資系の治療系機器を扱う会社では、経験者・未経験者を問わず採用しているケースが多いため、他の業界の営業にも興味があるという方は、人材紹介会社などを利用して、求人情報を探してみてはいかがでしょうか。

医療機器営業のメリットとしては、一般の営業職よりも収入が高いこと、営業実績に応じた収入アップを図れること、勤務地の融通が利くことなどがあげられます。

また、以前は医師に対する接待などもありましたが、法規制をきっかけに、現在では医師に対する接客はなるべく控えるという風潮があります。

人材紹介会社を積極的に利用しましょう

人材紹介会社を利用すれば、コンサルタントを通じて、企業ごとの接待の有無や頻度など、気になる情報を手に入れることができます。

もちろん医療機器営業では、医療機器に関する専門知識が必要となりますが、基本的に企業の方で自社製品について学ぶための研修会が行われますので、医療関係に疎くてもあまり心配いりません。

それよりも、選考の際にチェックされるのは、医師との信頼関係を構築するために必要不可欠なコミュニケーション能力です。

いくら専門知識が豊富でも、営業スキルがないと実績に繋がらないため、営業スキルに不安のある方は、まずは現職のまま営業実績を高める努力を行いましょう。

転職に関して不安に思うことは、人材紹介会社のコンサルタントに相談すると良いでしょう。彼らは業界に精通していますから、あなたが気付いていない観点からアドバイスをしてもらえることもあると思います。