MRと医療機器営業の違いとは?

医療に関連した営業職がMRです

医療に関連した営業職として、

・MR
・医療機器営業

があります。

医療業界の営業へ転職を希望されている方の中でも、イマイチこのMRと医療機器営業の違いが分からない、という方は多いです。

MRへの転職を希望するかた、医療機器営業として転職をしたいと思われている方といらっしゃると思います。
明確に区別がつかない方は、万が一間違って応募をしないためにも抑えておきたいところです。

まず、それぞれの職種で扱う製品を整理してみたいと思います。

MRが扱う製品、情報

MRは医薬情報担当者(Medical Representative)の略となります。

営業先は主に病院、クリニックです。
そこに勤務する医師に対して、医薬品の情報提供や診断薬などの学術情報を提供することがメインの仕事内容となります。

また、MRとして業務に就くにはMR認定資格を取得する必要があります。
資格に関しては、未経験で中途採用された場合には企業側が取得をバックアップする体制を整えている事がほとんどです。

医療機器営業が扱う製品、情報

医療機器の営業では、病院で使用する検査機器、治療機器、医療小物などを扱います。
勤める企業によって様々な機器を扱うことになります。
人工関節に特化している企業もありますし、医療小物を中心として扱う会社もあります。

もし医療機器営業として扱ってみたい製品があるのであれば、取り扱いのある企業に絞って求人を探すと良いでしょう。
製品は多岐に渡りますが、得意な製品に絞って扱っている企業が大半です。

特に資格は必要ありません。

いずれも人材紹介会社を利用して転職する方法が一般的

MR、医療機器営業ともに転職サイトや人材紹介会社を利用して転職活動を行う方法が、現在は一般的です。

人材紹介会社を利用する事で、入ってくる情報量が個人で求人を探すときよりも多くなるケースが大半です。
未経験でも応募しやすい未経験歓迎求人に関する情報の紹介も期待できるでしょう。

また、経験者の方であれば、非公開求人も含めて求人・募集の紹介を期待できますから、ぜひ活用して頂きたいと思います。

医療機器業界への転職支援に強い人材紹介会社として、以下などがあります。

医療機器業界の転職支援に強い【DODAエージェントサービス】

リクルートエージェント

これら人材紹介会社の利用は無料となっていますので、上手く活用して情報を得たいですね。