医療機器営業の年収に関して

医療機器営業の平均年収って?

医療機器営業の年収に関する情報をお伝え致します。

医療機器営業の年収ですが、20代で約390万円、30代で530万円、40代で760万円前後となっています。

平均年収は530万円前後となりますね。

転職による年収増加に関しては、25歳〜34歳まで上がりやすいようです。35歳〜39歳の転職では、転職前の職場より年収がダウンする傾向にあります。

今までのスキルとキャリアにもよるので一概には言えませんが、医療機器営業の転職に関しては、20代半ば〜30代半ばが良い(市場価値が高い)のではないでしょうか。

年収アップが期待できる医療機器営業のキャリア

年収アップが期待できるキャリアとしては、医療現場での症例サポート実績とドクターからの信頼、そして医師や医療従事者、特約店とのネットワーク構築力があります。

医療機器営業の仕事は、担当製品の使用法を医師に的確に伝える必要がありますし、そのサポート力も大切になります。そのようなサポート実績が転職時に評価されるようです。

医師からの信頼も同様ですね。特に影響力が強い意志から信頼されていれば、それも転職に有利に働くでしょう。

転職後もそのドクターと信頼関係を維持できれば、新たな営業先の確保に繋がるかもしれませんし、他の医療機器メーカーの営業マンよりも有利な立場で商談を進められるのではないでしょうか。

そして医師、コメディカル(医療従事者)、特約店とのネットワーク構築力も評価対象になります。

特にデイスポーザブル製品地(消耗品)は、医療従事者や特約店へのアプローチも大切になりますので、そのようなネットワークを構築するスキルが求められます。

今までの医療機器営業の仕事において、上記のようなスキルと実績を身に付けている方の場合は、転職後の方が高給与・高収入になる可能性が高くなりますし、次の職場も比較的スムーズに見付かると思います。

医療機器営業の平均年収は530万円前後ではありますが、年齢や資格、及びスキルとキャリアによっても変化することを押さえた上で、人材紹介会社・転職求人サイトを利用されてみて下さいね。