医療機器メーカーの営業

異業種でキャリアを積んできた人の採用も多い

医療機器メーカーでは、営業担当の人材を募集しています。

営業担当は、異業種でキャリアを積んできた人でも結構積極的に採用しているところが多いようです。

異業種で自分の可能性を試してみたい人には、お勧めです。

ただ医療機器メーカーで営業をする場合には、今までの営業のノウハウとは違ったやり方を身につける必要があります。

営業をかける時に、どうしても現場の医者に売り込みをするものだと思っている人も多いでしょう。

もちろん、医者に対して医療機器の説明をすることも重要です。

しかし医療機器の中には、医者だけでなく、看護師や専門の技師が操作をするものもあります。

医者に営業をかける時のコツ

もし看護師や技師が担当をする医療機器を売り込むのであれば、看護師や技師への営業も軽視できません。

営業の戦略の中には、まず看護師や技師に使いやすさを理解してもらって、周りを固めて医者に話をもっていくというスタイルをとっている人もいます。

医者に営業をかける時は、基本は相手に話を合わせるという姿勢で話を進めていきましょう。

医者の一般的な傾向として、頭の回転が非常に速く、しかも個性的な発想をする人が多いといわれています。

そのため、下手に自分を押しだした営業をしてしまうと、相手の機嫌を損ねることになってしまいかねません。

相手の話を聞きながら、うまくころ合いを見計らって自分の話をするように心がけましょう

時には「嫌だな」と思う相手に出くわすかもしれません。
しかし我慢をして、話を合わせることに集中しましょう。