医療機器メーカー
営業求人・中途採用の情報サイト

募集される職種

営業技術の仕事

高度化する医療機器

医療機器は、どんどん高度化してきています。日進月歩というペースの速さで、発展をしています。

このため、医療機関では医療機器を導入する時に、そのスペックをきちんと理解していないことが多いのです。

有効性はどこにあるのか、ほかの医療機器と異なる特性はどこにあるのか、正しい使い方はどうするのかということを、理解していないこともあります。

このような、医療機器についての情報を正確に伝える人が医療機器メーカーの中では必要になります

医療機器メーカーで、医療機関の問い合わせに対応をするのが、営業技術と呼ばれる人たちです。営業技術は、「セールスサポート」とか「プロダクトスペシャリスト」と呼ばれることもあります。

営業技術の仕事内容

営業技術は、主にプリセールスの担当をすることが多いです。営業担当者と動向をして、販売前の医療機器の説明を担当します。

技術的な説明をして、どのように取り扱えばいいのか、どのポイントで使用をすればより高い効果が得られるのかといった情報について、提供をします。

口頭による説明だけでは不十分ということになれば、実際にデモンストレーションをすることもあります。

クリニカルスペシャリストは、販売をした後の担当をする人材を指します。

自分のところの医療機器を導入してくれた医療機関に対して、使用方法や製品がいかに有用かということを宣伝するのが、主要な業務となります。

また医療機器に関係をする医療情報を提供して、より有効に医療機器を使えるようにサポートをします。